一戸建てを契約する前にちょっとまって!

モデルハウスにも足を運び、ここのハウスメーカーもしくは工務店にお願いしようかな・・。と気持ちも固まってきました。営業マンもがんがん営業をかけてきます。ここでそろそろ決めようか。と思うかもしれませんが・・。契約する前にちょっと待って!

是非、決めようとしているハウスメーカーまたは工務店が施工中している工事現場へ足を運んでください。施工中の様子も見ておきましょう!

工事現場へ行く

工事現場はハウスメーカーが下請けに出しているところです。ハウスメーカーの社員が直接建築工事をしているわけではありません。

ハウスメーカーが下請けに仕事を発注して、工務店や職人さんがそこの現場で働いています。前もって営業の人に着工中の現場を見てみたい。と言ってしまったら、案内する先の工事現場にそのことが伝わってしまうので【本当の現場】とはいえなくなります。

是非予告なしの【抜き打ち】で行きましょう。抜き打ちならば本来の顔そのものが見れます。

家を建てるにはいろいろな工事があります。大工さんだけが家を建てるのではなく、屋根の業者・外壁業者・基礎工事・電気工事といろいろな業種の職人さんの手をかけて家は建てられます。抜き打ちの現場へ行ってゴミが散乱しているようならダメですね~

欠陥住宅にならないためにも、ゴミさえ満足に掃除できずに丁寧な仕事ができるでしょうか。仕事をすればゴミが出て当たり前ですが、そのゴミが片付けされていない状態で実際に家を建てられて結果的に欠陥住宅へとつながってしまったケースの事例はたくさんあります。

職人さんの立場からすると、少しでも早く仕上げて次の現場へ行きたいという気持ちになると思います。でももしその業者さんが自分の家を建てようとするならば、きちんと清掃しながら丁寧に仕上げるのではないでしょうか。

そしてハウスメーカーが下請けに仕事を発注するときに、キチンとハウスメーカー側の要望が伝わっているかどうかを確認するための方法でもあります。前もって××日に工事現場へ行くと伝えてしまっていると、現場側ではハウスメーカーの人も来るし綺麗にしておかねば・・ということでいつもとは違った現場になってしまうので、是非抜き打ちで行きましょう。

知らないと損をする!

簡単な設計確認ポイント

詳しい図面の確認は、第三者の建築士からしっかりした意見を聞くのがベストですが第三者の建築士からの意見を聞くには当然ながら金額が発生するので、ある程度気になる物件を絞り込んでからお願いするのが無駄のないお金の使い方だと思います。

そこで簡単な設計図の確認ポイントで確認してみてはいかがでしょうか。

収納スペースを確保しているからと安心してはいけません。ある程度の高さの収納を確保していないと、コート類をかけたときに床についてしまうこともあります。せっかくのコートが誇れまみれになってしまいます。和室に押入れを確保したからと思っていても、奥行きがなければ布団類やプラスチックケースを置くスペースがなくなってしまいます。

洗面所でもタオルをかける場所のほかにも、バスタオルをかける場所も欲しいですし洗濯用品の洗剤などを収納するスペースも必要となります。

契約前確認ポイント

八尾市,豊中市の中古マンション・新築一戸建ては株式会社ワールド・ワンにおまかせ♪豊中 中古マンション八尾,豊中の豊富な不動産情報からあなたにぴったりのお部屋をお探しします!

間取り確認ポイント

日当たり確認ポイント

コミュニティ確認ポイント

安全確認ポイント

音確認ポイント

コンセント・電器関係の確認ポイント

一戸建てを契約する前に見て!!

横浜駅より徒歩5分の好アクセス!横浜 貸会議室お困りな事がございましたら、すぐにサポートに駆けつけます。