住宅資金で失敗しないために

マイホームを購入するために、失敗しないために第三者の専門家からアドバイスを受けることで住居に関する心配面が減ると思います。金銭面ではどうでしょうか?!
あんがい金銭面でもしっかりとした計画が必要になります。もちろん親から援助を受ける場合でもそうです。

ファイナンシャルプランナーに相談

ローンを組んでからの生活に不安があるといった場合にはファイナンシャルプランナーに相談するのも良い方法です。
とても高い買い物なので慎重には慎重すぎるぐらいのほうでいいのですから。
ファイナンシャルプランナーは、住宅購入時の資金計画に住宅ローン選び。現在加入中の保険や不動産を購入した後に加入する保険。家計のことや教育資金そして老後の生活資金などをトータルで考えるお金の専門家です。

知らないと損をする!

FPに相談するメリット

収入がダウンしたらどうしよう?
最近は雇用の不安もあって、絶対大丈夫ということはありません。住宅ローンを組んで途中から収入が減ってしまったらどうしよう。といったことにも相談に乗ってもらえます。そしていくらまでの予算だったら、もしも給与がダウンした場合でも支払っていけるのかというケースのシュミレーションもしてくれます。無理をして支払いを続けることは一時的には可能ですが、住宅ローンは10年以上といった長い支払いなのでできるだけリスクを減らすという意味でも大事なことです。
購入後のアドバイス
物件を購入してからの生活もあります。車があればどれぐらいで買い替えが必要になるか。将来の教育資金はどれぐらい必要なのか。老後の生活計画のためのアドバイスもしてもらえます。お金に対する不安がなくなるのは、住宅ローンを支払っていく上で精神的にとても楽になります。
住宅ローンアドバイス
住宅ローンの選び方で、支払い金額も大きく変わってきます。繰り上げ返済をする場合の手数料やローンを組むときの手数料など、すべてを全部ひっくるめたうえでのアドバイスがもらえます。最近は住宅ローンの種類も増えているので、自分たちだけですべてを網羅することは難しくなっているのでプロにお任せするとより詳しいアドバイスを得ることができます。
諸経費削減アドバイス
物件を購入するときには、額面だけの金額だけではなく様々な諸費用が必要になっています。購入する住宅のタイプによってもその金額は異なってきますのですが、例えば3000万円の物件を購入する場合には300万円~400万円程度の諸費用がかかってくるケースが多くなっています。
想像していた金額よりも多額だったということもありますが、FPの手にかかるといくつか節約できるものがあります。諸経費の節約することで引越し代金だったり新居の家具といった別の用途にお金を回すこともできるので、アドバイスしてもらうとお得になります。
生命保険見直し
よく聞くのが生命保険を見直すと、月々の経費がかなり圧縮されるといいます。生命保険は保険会社のお勧めをそのまま加入しているケースが多いので、購入するときには一緒に生命保険の見直しをすると第三者の目で家計を見るFPからのアドバイスでずいぶん変わってきます。たとえ月5000円でも年間にすると6万円。10年で60万。20年で120万。30年で180万とまとまった金額になります。一般的な家庭で一番無駄が多いのが生命保険とも言われています。

住宅購入失敗談(金銭面)

だれもが失敗しないように…と考えて住宅購入へ踏み切っていますが、こうして置けばよかった…という話もよく聞きます。失敗から得るものはとても大きいものがあるので、購入を決める前に情報収集のひとつとして失敗談から学びましょう~

失敗予防の知恵袋

フロアは、1階から4階まで異なった空間を展開しております。心からおくつろぎいただけるよう、マッサージルームを通常のリラクゼーションマッサージ店より広く設計しました。またVIPルームではカーテンで仕切られているだけでなく、プライベートな空間で完全な個室でのマッサージルームになっております。新百合ヶ丘 マッサージ一味違ったアジアン空間でリラクゼーションマッサージをご堪能ください。

金銭面での失敗

中古一戸建て購入
カーテン代に引越し代金といったものが想像以上にかかってしまった。 新築マンション購入…もっと早くに購入計画を立てて貯金しておけば、月々の返済はもっとゆとりができたのに。
新築マンション購入
ローンを組むときにボーナス払いも併用で組みましたが、夫が失業したことでボーナス払いがかなり大変になってしまった。
中古マンション購入
住宅ローン減税が適用されると思って契約したけれども、築年数が適用外だったため減税対象ではなかったこと。
新築マンション購入
繰上げ返済を頑張りすぎてしまって返済期間を短くしたので、減税の優遇が受けれなくなってしまったこと。
新築一戸建て購入
安心安全のために長期固定でローンを組みましたが、金利も下がったこともあって変動金利のほうが結果的に得だったこと。
新築マンション購入
窓が大きすぎてカーテン代がオーダーカーテンのみでその金額も大きかったこと。
注文住宅購入
照明器具に懲りすぎてしまって金額が跳ね上がってしまった。そこそこで手を打つべきだった。
注文住宅購入
結婚したときに家を建てるときは援助する。という相手親の言葉を鵜呑みにして建てたものの援助がなく返済が苦しい。
新築一戸建て購入
住宅ローン減税が終わるという焦りもあって購入に踏み切りましたが、ローンの審査もお得なほうが審査が厳しいことが判明。もっと調べておけばよかったです。
注文住宅購入
一生に一度のことと思って、念入りにしすぎてしまいプラン変更するたびにお金がかかってしまった。

住宅資金の強力な助っ人