モデルハウスに出かけたときの注意点

高い高い買い物をするので、モデルハウス巡りももちろんされると思います。モデルハウスはハウスメーカーの中でも最上位クラスの建物なので、素晴らしい建物です。モデルハウスに足を踏み入れると、素敵なシステムキッチンに吹き抜けの階段がある渡り廊下と見る目を奪われてしまいます。
でもちょっと待ってください!見るべきところはまだまだあります。

モデルハウスにて…

平日の午後

気になるハウスメーカーのモデルハウスに行くのはいつ行きますか?だいたい仕事がお休みの土曜日や日曜日。または祝日ですよね?
週末になると、新聞の折り込みチラシにはたくさんのマンションや住宅展示場でフェアーのチラシが入っています。ざざっとどんな家があるのか見るだけならば、そのようなフェアーに行くのも良いのですが、◯月×日までに建てたい。というある程度のビジョンが見えているならば出かけるのは水曜日を除いた平日の午後です。(水曜日はハウスメーカーや不動産は休日)
平日の午後に行くメリットは、男性営業マンがいないからです。男性営業マンは営業に出て、外回り中なのでおそらくモデルハウスにいるのは事務系の女性ぐらいです。その女性スタッフにいろいろ質問してみましょう。しっかりと答えられるのであれば、そこのハウスメーカーは社員教育が徹底されている証拠です。
あやふやな答えしか返ってこないのであれば、そこのハウスメーカーは契約を済ませてしまったら適当な対応をしてしまうのかもしれません。事務系の女性スタッフが豊富な知識があるならば、そこのハウスメーカーは末端のスタッフまでしっかり教育をしているということになります。
本来高額な買い物になるだけに、適当な答えしか返答できないのは買う側も不安になりますよね?! 土日・祝日などにモデルハウスを訪れると営業マンが売上げを達成するために、あの手この手でセールストークを仕掛けてきます。その前の段階で、自分の目でどのような会社なのか?!という会社の理念を理解するためにも、平日の午後のモデルハウスで、その会社の姿勢をみるためにも平日の午後に足を運んでみましょう。

知らないと損をする!

玄関の裏側

モデルハウスに到着しました。玄関から入ります。でもちょっと待ってください。
モデルハウスの室外機が置いてある裏側を見てから玄関へ廻りましょう!なぜ裏側を見るのか。というと、ほとんどのハウスメーカーは高気密・高断熱を謳っています。【エアコンの室外機】をチェックしてください。そこのモデルハウスの【エアコン室外機】の大きさは、普通の家庭サイズの大きさですか?事務所や会社で使うような大型の室外機ではないでしょうか?!室外機が大きいならば、モデルハウスの中の温度を維持するために業務用のエアコンを仕様しないと、温度が維持できない証拠になります。実際に生活を始めたときに、あれ?思ったよりエアコンの効きが悪いな…とならないようにするためにも【エアコン室外機】の大きさを確認してから、モデルハウスの玄関へと廻りましょう。

収納

モデルハウスに入ったら、収納という収納をすべて開けて確認してみてください。もちろん食材をストックするところもです。
子供部屋のクローゼットや靴箱。収納扉を開けてみると、おそらく家のカタログなどが入っていると思います。モデルハウスのお客様に見てもらう部分(リビングであったりキッチンなど)は綺麗なのが当たり前です。建物がショールームでありカタログで、商品ですから(笑)
なるべくカタログなどは、モデルハウスを訪れているお客様の目の届かない家の収納部分に仕舞っています。その収納している部分が綺麗に収納されているかどうか。
これはとても大事です。目に見えない部分が綺麗になっているかどうかで、そこのハウスメーカーの気配り度が分ります。商品でもある展示場の目に見えない部分を綺麗にできるかできていないか…そこは気配りへとつながり、細部まで丁寧なフォローが期待できるかできないか?!へとつながります。
契約してしまってから、急に態度が変わった。ということへならないためにも、そこの展示場のトップの人はどんな人なのか。そこの展示場の営業の人がただ成績のために契約まで一生懸命なのかどうかが分ります。
収納部分が雑然としているようなら、表面だけ上っ面しか見ていない人かもしれません。施主となる自分の気持ちを、営業マンにしっかり汲み取って欲しいと願うのであれば、見えない部分までキチンと整頓されているハウスメーカーの方が安心できますよね。

いろんなサイトを見る

施工した人に会う

契約を交わす前に是非会っておいていただきたい人がいます。それはそこのハウスメーカーで家を建てた施主さんです。
契約を交わす前に「こちらのハウスメーカーで家を建てられた方にお会いしたい」と言ってみましょう。もちろん会わせてくれます。まだ営業マンが入社してまだ経験が浅いために携わった家が少ない場合には、同じ営業所の中で先輩などが紹介してくれるはずです。
中には建てた家の中までもしっかり見せてくれる施主さんもいます。そこのハウスメーカーで家を建てたことを満足しているのであれば、是非見てもらいたいと思いと施主さんが担当してくれた営業の方にお世話になったから、その方の頼みならば是非どうぞ。という気持ちからです。
もし契約を交わす前ですし…などといったことを言うのであればそこはやめましょう。キチンとした対応や施主さんからのクレームが怖いからかもしれないですし、実際にそこのハウスメーカーで建てた人の生の声は貴重な意見です。何千万円もする買い物なので、実際に建てた人のお話を必ず聞いておきましょう。
施主さんに、取り入れてよかったことや電気代。そしてエアコンの台数。間取りでよかったこと。こうしておけば良かった事。
自分が特にこだわりたいと思うことがあるならば、是非つっこんだ質問をしてみてください。そして自分が紹介してくれた家で生活するならどうなんだろう… と自分と置き換えて考えてみると余計にイメージがわいてくると思います。

最後に〜契約の直前にお読みください〜

リラクゼーションマッサージを体験してみたい方、リラクゼーションマッサージを習いたい方、新百合ヶ丘・函館・網走・ムツゴロウ王国近辺にお住まいの方、沿線にお住まいの方、少しでもリラクゼーションマッサージに興味のある方、一度KEBISのリラクゼーションマッサージで癒されてみませんか?スタッフ一同、皆さまの新百合ヶ丘・マッサージご来店を心よりお待ちしております。